1. HOME
  2. ブログ
  3. 「再生医療と美容鍼の融合による新たな視点(3)」

「再生医療と美容鍼の融合による新たな視点(3)」

こんにちは、幹細胞美容鍼®事務局です。

再生医療と美容鍼をテーマにご紹介するシリーズ、今回は幹細胞が注目される理由にもう少し踏み込んでいきます。

医療分野で日夜研究が進められている再生医療は、美容分野においてもすでに様々な変化をもたらしています。

幹細胞美容鍼®も再生医療の視点に着目したことで、施術側だけでなくお客様にもメリットを届けられるサービスとして確立しています。

そこで、関連するキーワードや情報をより平易な表現でご紹介してまいります。

プロフェッショナルとして欠かせない知識を、お客様にわかりやすく伝えられるようになることで、より充実したサロンワークを実現してくださいね。

こちらのブログでは、新しい美容鍼メソッドであり、鍼灸師・鍼灸院の経営安定化ビジネスモデルである幹細胞美容鍼®の内容や経営改善、さらに関連する情報などをご提供しています。

鍼灸師として成功したい方、食えない鍼灸師を卒業したい方、鍼灸院の売上改善をしたい方必読です!

なぜ幹細胞が求められるのか

先日の記事で、再生医療とは何か幹細胞とは何かをポイントを押さえてご紹介させていただきました。

幹細胞がすごいことはわかったけれども、なぜそんなにも幹細胞に注目が集まっているのか、そもそもなぜ幹細胞であるべきなのでしょう?

膝をすりむいた!紙で指先を切ってしまった!そんなことがあっても、一般的には数日で傷は塞がりやがて元どおりになりますよね。

たとえ怪我をしてしまったとしても、怪我は治るものと思われています。

決して、そこに幹細胞を塗り込んだりしている訳でもないのに。

そこで、少し思い出していただきたいことがあります。

こんなことを感じたご経験はありませんか?

「最近筋肉痛がなかなかひかないんだよなあ」「大したことない怪我なんだけど、なかなか治らなくてさ」など。

治り切るまでに時間がかかっているような気がする、それは気のせいではないんです。

実は、細胞は時間経過とともに劣化してしまうものだからなんです。

細胞は劣化する

幹細胞の時は、「なんにでもなれた細胞」でした。

やがて幹細胞から様々な細胞に分化することで、皮膚になったり内臓になったりと人体が形成されます。

この時点で「なんにでもなれた細胞」変身後の細胞にしか分身したり増殖したりできなくなり、やがてその能力すらもできなくなってしまうんです。

しかしながら、幹細胞は「なんにでもなれた細胞」です。

これを利用することによって、劣化した細胞にアプローチしようと考えられているからこそ、幹細胞が注目されているんです。

まとめ

細胞は時間経過とともに劣化してしまう。

劣化することで、細胞の修復機能が衰えていく。

幹細胞は細胞の劣化に対してアプローチすることが期待されている。

これらが今回のポイントです。

これからも再生医療と美容鍼に着目したご紹介をしていきますので、ぜひ次回もお楽しみに!

関連記事