1. HOME
  2. ブログ
  3. 再生医療と美容鍼の融合による新たな視点(2)幹細胞

再生医療と美容鍼の融合による新たな視点(2)幹細胞

こんにちは、幹細胞美容鍼®事務局です。

再生医療と美容鍼をテーマにご紹介するシリーズ、今回は幹細胞です。

よく耳にするけれど、自信を持って説明できますか?

専門知識のない方にもわかりやすく伝えられる言葉を選んでご説明するよう努めますので、ぜひご活用ください。

医療分野で日夜研究が進められている再生医療は、美容分野においてもすでに様々な変化をもたらしています。

幹細胞美容鍼®も再生医療の視点に着目したことで、施術側だけでなくお客様にもメリットを届けられるサービスとして確立しています。

そこで、関連するキーワードや情報をより平易な表現でご紹介してまいります。

プロフェッショナルとして欠かせない知識を、お客様にわかりやすく伝えられるようになることで、より充実したサロンワークを実現してくださいね。

こちらのブログでは、新しい美容鍼メソッドであり、鍼灸師・鍼灸院の経営安定化ビジネスモデルである幹細胞美容鍼®の内容や経営改善、さらに関連する情報などをご提供しています。

鍼灸師として成功したい方、食えない鍼灸師を卒業したい方、鍼灸院の売上改善をしたい方必読です!

幹細胞とは

先日の記事では、再生医療は幹細胞などを利用して再生・回復を図る医療分野であるとご紹介しました。

そこで、今回はまず幹細胞について理解を深めていきたいと思います。

「幹細胞」とは、日本再生医療学会によると、①分裂して自分自身をコピーする「自己複製能力」②様々な細胞へと変化する「分化能力」を併せ持つ③未分化な細胞、としています。

つまり、様々な細胞になる元の細胞が幹細胞です。

また、幹細胞は一つではなく、様々な能力を持っており、分裂することでコピーをする分身能力と様々な細胞へ変化する変身能力があると覚えるとわかりやすいでしょう。

ES細胞や成体幹細胞、iPS細胞など、すでに様々な名称で呼ばれており、ニュースや情報誌等で耳にしたり目にしたこともある方がほとんどだと思います。

由来も様々な幹細胞

様々な細胞の元となる幹細胞は、ヒトだけに備わったものではありません。

生き物や植物も細胞から成り立っており、それぞれに備わる幹細胞から細胞が分裂したり分化することで生き物として形作られたり、特定の植物になったりします。

化粧品やサプリメントなどの成分として、ブタ由来、馬由来などの生き物由来だけでなく、リンゴ由来などの様々な幹細胞成分があります。

ヒト由来の幹細胞の時代

中でも昨今の幹細胞を取り巻く発展は、ヒト由来であることに重点が置かれていると考えられます。

それは、ヒト由来であることに大きな意味があるからです。

実は、細胞学の観点で見てみると、特定の鍵と鍵穴の関係性があり、しっかり結合売ることで効果を発揮するものとされています。

これはヒトはヒトの鍵と鍵穴出なければ対応していないことを意味しています。

だからこそ、長い歴史を持つ再生医療・幹細胞の分野においてヒト由来であることが重要視されているんです。

まとめ

幹細胞とは、様々な細胞になる元の細胞のこと。

幹細胞は、分身能力変身能力を持っていること。

鍵と鍵穴が正しく結合することが大事だからこそ、ヒト由来の幹細胞が注目されていること。

これが今回のポイントとなります。

これからも再生医療と美容鍼に着目したご紹介をしていきますので、ぜひ次回もお楽しみに!

関連記事