1. HOME
  2. ブログ
  3. 治療院経営の拡大化でよくある間違いとは?

治療院経営の拡大化でよくある間違いとは?

こんにちは。幹細胞美容鍼®事務局です。

サロンや治療院の経営において、事業を大きくさせたい場合にどのような手法をとっていますか?

実は多くの経営者が事業拡大の手法に悩み、間違った手法を取っているそうです。

そこで今回は、サロン・治療院の経営者がとるべき手法を幹細胞美容鍼®がビジネスモデルとして確立する上でとった手法を例にご紹介します。

サロン・治療院の経営にお悩みの方に、事業拡大のためにとるべき手法や解決策を手にしてください。

事業を拡大させたいときによくある間違い

サロンや治療院を大きくしたいと考えた時によくあるステップとは、スタッフを雇用し、研修で施術を身に付け、練習を重ねて一定レベルに達したらお客様デビューというものではないでしょうか。一般的に行われているステップですし、これ自体は間違いではありません。

しかしながら、同時に様々な課題を抱えていることも多いです。

「技術を教えてもなかなか上達してくれない」
「店長(院長)の技術が高すぎて、デビューさせたもののスタッフにお客様がつかない」
「技術を覚えたら辞められてしまう」

このような問題に直面したことがある人も多いことと思います。

この問題を解決するために、スタッフ教育やマネジメント法を学ぶのが一般的だと思いますが、それでも問題はなかなか解決しませんよね。実は、根本的にアプローチ方法を変えることが必要だったんです。

事業を拡大させたいなら『技術を製品化』する

では、どのようなアプローチを取ればいいのか。それは、結論から言うと『技術を製品化』することです。技術を製品化することによって、技術を上達させるための練習をする必要がありません。

技術そのものが製品化されているので、誰でもハイレベルな施術が再現可能となり、技術研修をほとんどしなくて済むので、たとえ離職が発生したとしても離職ダメージは最低限に抑えられることができます。

幹細胞美容鍼®がビジネスモデルとして優れている点はここにあります。

新しい美容鍼メソッドとして、一定水準の技術をもつなら「誰でも」「すぐに」「一定レベル以上の施術効果を出せる」よう構築しています。だからこそ、幹細胞美容鍼®は安定した治療院経営のためのビジネスモデルとして確立しています。

まとめ

サロンや治療院は施術を基本としている以上、スタッフを雇用することや、そのスタッフの技術が高いことは当然のように求められます。

それを大前提としても、経営者として考えるならば、雇用や教育にかかるリスクを管理する視点を疎かにはできません。

コンビニよりも多いと言われるサロン・治療院業界で事業を拡大させるなら、一般的な手法をとるままでは、事業の拡大はなかなか難しいでしょう。

視点を変え、アプローチ方法を変えることは事業の拡大化のみならず、安定した経営にもつながります。

幹細胞美容鍼®を導入することは、『製品化された技術』と『ビジネスモデル』を同時に手に入れることにつながります。

関連記事