1. HOME
  2. ブログ
  3. [TREND/NEWS]2020年代に高まるビジネス潮流とは

[TREND/NEWS]2020年代に高まるビジネス潮流とは

こんにちは、幹細胞美容鍼®事務局です。

今回は2020年代のビジネスの動きをテーマにお話しします。

経営者としてビジネスの最新情報に触れることは重要です。

難しいことは苦手という方のためにも、トレンドの情報のエッセンスをわかりやすくお伝えしていきます。

こちらのブログでは、新しい美容鍼メソッドであり、鍼灸師・鍼灸院の経営安定化ビジネスモデルである幹細胞美容鍼®の内容や経営改善、さらに関連する情報などをご提供しています。

鍼灸師として成功したい方、食えない鍼灸師を卒業したい方、鍼灸院の売上改善をしたい方必読です!

2020年代のビジネスの流れ

執筆現在2022年、すでに2020年代の始まりに位置していますが、これからのビジネスの潮流を感じていらっしゃいますか?

先のことは誰にもわからない、ということであれば2010年代はいかがでしょう?

2010年代はどんな年代だったと言われているかご存知でしょうか。

スマートフォンが爆発的に普及、携帯電話にとってかわりました。

コンピューターの処理能力も飛躍的に上昇。

スマートフォンで高画質な画像や動画を撮影できるようになり、大量のデータが行き交うように。

ネットショッピングもスマートフォンから出先で気軽にお買い物が可能な社会となりました。

2010年代はソフトウェアの時代と言われています。

2020年代に来るのは、ヘルスケア

ソフトウェアの時代と言われた2010年代、2020年代はヘルスケアの時代となると予測が立てられています。

これは、GAFAの動きからも見て取れます。

GAFAとは、米国の主要なIT企業、Google、Amazon、Facebook、Appleのこと。

世界中にサービスを展開するこれらの企業の動きを見ることで、これからの社会の流れを読むことができるとされています。

このGAFAがそれぞれ、ヘルスケア事業に舵を切り出したのが2020年代はじめ。

その動きは、ヘルステック企業の子会社や保険事業、ヘルス関連デバイスへの投資やオンラインヘルスケア

事業、予防医療サービスの開始など多岐に渡り、ヘルスケアの市場は米国だけで300兆円規模とか。

しかもこの流れは米国だけでなく、日本でもすでに始まっています。

2030年年代には国民の数に対して医師の数が足りなくなると予測が立てられていたりと、新たなヘルスケア戦略が動き出しています。

これは治療業界にも少なからず関連してくる流れとなるでしょう。

また、ヘルスケアの先にはより高みを求めるビューティへのニーズが待ち構えています。

社会の潮流に柔軟にあわせて経営の舵を取れることが生き残りには不可欠。

こちらのブログでは、今後も様々な業界関連情報をお届けして参りますので、ぜひ今後も楽しみにしていてくださいね!



治療院・サロン経営に役立つ
厳選情報を無料で公開!

メールアドレス 
お名前(姓)  
お名前(名)  

※ご入力頂いた情報は、弊社プライバシーポリシーのもと
厳重に管理いたします。
※Yahoo、hotmail等のフリーメールでは受信できない場合
がありますので、プロバイダーメールを推奨いたします。
※プレキュラ(金森慈治)が発行するメールマガジンに登録
されます。
※配信解除はいつでもご自身で簡単に行うことができます。

関連記事