1. HOME
  2. ブログ
  3. 鍼灸師の悩み?回数券販売が苦手な方へ

鍼灸師の悩み?回数券販売が苦手な方へ

こんにちは、幹細胞美容鍼® 事務局です。

あなたのサロンでは、回数券を販売していますか?

継続来店のため、回数券販売はとても有効な手段の一つです。

その一方で、回数券を販売するのが苦手な方が多いのも実情。

治療院やサロンを経営されている立場からすると、お客様に継続して来店して欲しいですよね。

そこで今回は、継続来店のための回数券販売についてご紹介します。

施術家は施術だけしていればいいのか?

セラピストとして、鍼灸師として、施術家として施術をしている際には、ご来店いただいたお客様の悩みに応え、施術を提供していくのが大切。

どんな悩みを持って来店したのか、その悩みに対し、自分の持つ技術でどう対応できるのか、何を提供するのか。

施術家としての腕が試される場面であり、施術に没頭できる時間でもありますよね。

そのため、施術の方に集中したくて、集客や来店のための施策に頭を悩ませたくないと後回しにしてしまったり、分かってはいるけど気づかないふりをしてしまったり...。

けれど、お客様が来店してくれなければ、技術を発揮することも、サロンを継続していくこともできません!

サロンがなくなってしまったら、元も子もないんです。

もちろん、施術家として雇われている場合には施術に集中することも可能でしょう。

ただ、独立し、ご自身のサロンを持ち、さらなる成長を願う立場になったのなら、サロンを継続して安定的に経営する方へ意識のウェイトを置かずにはいられません。

施術家がサロンを持ったならば、経営者にもならなければいけないんです。

経営者になった施術家がすべきこと

では、施術家がサロン経営者になったのなら、何をしなければならないのか。

その一つが集客、それも継続来店です。

サロンを安定的に経営するための施策には色々な手法がありますが、やはり継続して来店してもらうことの必要性を無視することはできません。

継続来店のための手段には多くの選択肢がある中で、あなたのサロンではどのような方法をとっていますか?

ここで一つ有効な手段として提示できるのが、回数券なんです。

回数券は、複数回の施術をまとめて販売することができ、お客様としても「せっかく買ったのだからきちんと通わなきゃ」と足を運んでくださいます。

サロン側としては継続来店が確約されるし、お客様側としては定期的にケアをすることで施術結果を継続して体感いただける、どちらにとっても嬉しいwin-winな方法。

ところが、ここで大きな落とし穴。

そもそも、施術家は施術以外のものを販売するのが苦手な方がとても多いんです!

せっかく効果的な手段があるというのに、その手段を活用できないなんてとてももったいないです。

高額回数券を販売するためのフローチャート

そこで、幹細胞美容鍼® 億越え治療院経営者養成アカデミーでは、こういった多くの施術家が苦手としていることもしっかり習得して頂こうと考えています。

内容はもともと社内向けに作っていたものをブラッシュアップ、より精度をあげた内容をレクチャーしています。

回数券をご提案する、タイミング、順番、場所、それからカウンセリング時の種付けなど、正しい方法をちゃんと実行すれば高額回数券(30万円以上も可)も普通に売れていくものです。

施術家として、経営者として、熱い意欲をお持ちの方々に、幹細胞美容鍼® を通してより軽やかで明るい未来を手にして欲しいと願っています。

関連記事