1. HOME
  2. ブログ
  3. オフマスクに絶望する前にすべきこと?

オフマスクに絶望する前にすべきこと?

こんにちは。幹細胞美容鍼® 事務局です。

「オフマスク」とは、マスクを外すことを意味するそうです。

長引くコロナ禍により、マスク着用が当たり前となったマスク時代、「たるみケア」「リフトアップケア」をすることで、キレイに差がつくと言われています。

そこで今回は、幹細胞美容鍼® がたるみケアに迷わずおすすめな理由を、マスク時代に何が起きているのか、今すべきことを通してご紹介します。

マスク時代に起きたこと

マスク着用が当たり前となって約1年。

見た目を左右すると言われていた「顔の下半分」をまんまとマスクで隠せるようになり、マスク時代の始まった当初はマスクで隠れない目元や髪型などの見た目を重視する流れがありました。

マスク映えするアイメイク、リモート会議でモニターを通しても素敵に見える髪型やヘアカラー、マスク自体のこだわりやオシャレ、マスクアクセサリーなども登場する中でひたひたと聞こえてきたのが、「改めて自分の顔をまじまじと見た時の衝撃」の声だったんです。

モニターに映るのは誰?マスクを外したら別人

「久しぶりに他人と会話したよ」なんて言葉を聞いたこともあるかと思います。

ソーシャルディスタンスや巣ごもり生活は、会話をする機会の減少につながり口元の動きの減少から筋力の低下、たるみを引き起こしていました。

・リモート会議で映った自分の顔はこんな顔をしていたのか、こんな顔を他人が見ていたのか
・あの人、マスクを外したらあんな顔をしていたんだね
・久しぶりに会ってみたら、結構印象変わったね

このようなことを口に出さずとも、胸の内で呟いているんだそう...

見た目を左右すると言われている「顔の下半分」は、まんまと隠せている間に静かに着実に蝕まれていました。

だからこそ、当初は見える部分に集まっていた注目も、ここに来て素顔の美しさに注目が移ってきました。

美容トレンドは常に動いています。気づいた人はすでに動き出しているんです。

キレイに差がつくマスク時代にすべきこと

それでも「マスクで隠れるから」という言い訳を多くの人がしている間だからこそ、何をするかでキレイに差がつく時。

早速、動き出したいですよね。

では何をすべきなのか?それがまさに「たるみケア」「リフトアップケア」です。

「たるみケア」は一朝一夕にできるものではない、しぶとく頑固なもの。少しでも早く、効果的な手段で「たるみケア」をしたいですね。

「たるみケア」にはたくさんの手段がありますが、幹細胞美容鍼® は大抵のお悩みに対応する美容鍼メソッド。スピードと結果にこだわり、シミ、シワ、たるみやニキビ跡などのお悩みのことも考えられた新しい美容鍼メソッドです。

何をしたらいいのかわからない、色々やってみたけどいまいちピンと来ない、いろんな悩みがあるんだから全部どうにかしたい、そんな時は幹細胞美容鍼®を迷わずおすすめします。

関連記事